プラットフォームという言葉の定義は「場所」「環境」になりますが、プラットフォームビジネスの意味は理解できていますか?
今回は広い意味でのプラットフォームビジネスと、参考例をご紹介します。

プラットフォームビジネスの意味

プラットフォームビジネスとはビジネスの場や環境を提供するサービスのことをいいます。

場所や環境を提供することにより多くの利用者を集め、単体だけでは実現不可能なサービスを提供します。
また、利用者同士をつなげるという役割も果たしています。

このようなビジネスモデルはオンラインだけのものではありません。

身近なものでは大型ショッピングセンターもプラットフォームビジネスと同じ仕組みといえます。
自社では商品を販売せず、出店している店舗から利用料を得ています。

会員サービスなど独自のサービスを行うことにより利用者を固定客化させることに成功しています。

また、オンラインでは様々なプラットフォームビジネスが存在しています。

プラットフォームビジネスの参考事例

プラットフォームビジネスとはどのようなものなのか。
具体的な事例を紹介していきましょう。

1)楽天市場

とても分かりやすいプラットフォームビジネスといえるでしょう。
楽天がインターネット上にショッピングモールを作り、そこに商品を売りたい店舗が出店し販売をします。

楽天には様々なジャンルの店舗が出店しており、店舗と顧客をつなぐ役割を果たしています。

利用者のメリットは自分の欲しい商品をたくさんの店舗から探すことができることです。

出店する店舗のメリットは効率的な集客です。
インターネット上での集客はとても難しいためこのメリットはとても大きいでしょう。

2)Facebook

自分の情報をのせたり、友人や有名人の情報を閲覧できるサービスです。
多くの利用者がいることで企業が広告を掲載することに大きな宣伝効果を持つことになります。

企業を利用者とつなげたり、利用者と利用者をつなぐことのできるプラットフォームとなっています。

3)Windows

WindowsはOSというパソコンを動かすシステムの一つです。
このOS自体には表計算やイラストを描くなどの機能はありません。
Windowsの環境に合わせたアプリケーションを使うことで機能を増やすことができます。
Windowsは誰でも利用できるように公開したことで多くの企業がWindowsのアプリケーションを開発しました。

利用者はそのアプリケーションを使うためにWindowsを導入するという仕組みを確立しました。
これにより大幅に利用者を増やすことに成功しました。

4)Apple

「Mac」や「iPhone」などのデバイスのほかに「App Store」と「iTunes」を提供しています。
利用者はApp Storeから利用したいアプリをインストールし、自分の持っているMacやiPhoneで利用できます。

iTunesは多くの音楽コンテンツの配信をしています。
利用者はそれらのデータをダウンロードして利用可能です。
デバイスの所有者とアプリや楽曲の提供者とをつなげるプラットフォームとなっています。

プラットフォームビジネスを開始する際の注意点

利用者を増やすことから始めがちですが、顧客一人一人をしっかりと見ることがなにより大切です。
利用者が多いというのはプラットフォームであるための大きな条件ではありますが、数を増やすよりもサービスの充実を優先して行い、段階的に利用者を増やしていくというのが望ましいでしょう。

利用者はプラットフォームの良さで選ぶわけではなく、いかに利用者自身の課題を解決してくれるかということを期待しています。
それをしっかりと理解したうえでプラットフォームビジネスを開始する必要があります。
プラットフォームビジネスを成功させるために重要な点を説明しましょう。

・一人一人の利用者を大切にする

利用者の数が多いビジネスです。だからこそ個々の利用者を大切にすることが重要です。
また、似たようなサービスは次々に出てきます。
利用者が場所を変えてしまうことは簡単です。

個々の利用者を大切にすることでそれを防ぐことができるでしょう。

・キャッシュが流れるポイントをしっかりと作る

プラットフォームビジネスは基本的には手数料を得て成り立つビジネスです。
利用者がプラットフォームを利用した際の一部を手数料としていただきます。
このようなキャッシュポイントを作ることでプラットフォームは機能します。

・単体では得られない価値を提供する

人が集まることで単体では実現できないことを可能にすることがプラットフォームビジネスの価値です。
プラットフォームならではのサービスを提供することが重要です。

まとめ

プラットフォームビジネスとは場所、環境を提供することです。

このビジネスが成功するために優先すべきことは利用者一人一人に満足してもらうことです。
利用者にこの場所は自分の課題を解決してくれる、希望を叶えてくれると思ってもらうことがプラットフォームビジネスが成功するための条件といえるでしょう。