共働き世帯の家庭が一般的になり数年が経ちました。
仕事が忙しく家事に手が回らない家庭は少なくありません。
そんな中注目されているのが、ハウスクリーニング業界です。

仕事をするうえで特に資格を持っている必要がないこの仕事。
しかし、誰でもできるとなると、当たり外れがあるとみなされやすいとも言えます。

もし、この仕事が資格があるとしたら、誰でもできる素人仕事とは思われないかもしれません。
この仕事を「国家資格」として格上げする方法があるんです。
今回はそんな国が認めた、「ハウスクリーニング技能士」という資格をご紹介します。

ハウスクリーニング技能士とは?

ハウスクリーニング技能士とは、全国ハウスクリーニング協会が主催している
「国家試験」です。
平成24年にできた比較的新しい国家資格で、学科試験と実技試験の両方に合格した人が「ハウスクリーニング技能士」を名乗り仕事をすることができます。

この技能検定は、1年に1回行われています。
開催場所はまだ少なく、仙台、東京、大阪、福岡の4都道府県のみです。
もし地方の方が受けたい場合は、1泊することを考えた方がいいかもしれません。

受験資格

ハウスクリーニングの実務経験が3年以上必須となります。
実務経験者にはパートやアルバイトでの実務経験でもOKとなっていますが、1週間に24時間以上の勤務をしていることが条件です。

難易度

ハウスクリーニングの合格率は30%前後と言われています。
学科試験の合格率は基礎知識の為そこまで低くないのですが、実技試験になるとかなり下がるようです。

理由は時間が定められていて、打ち切り時間というものがあり
通常時間の3分後に終わっていなくてもそこで終了となってしまうからです。
例えば、10分が基準だとしたら13分。8分なら11分というように。

かなり合格の門が狭い国家資格ですが、
万が一不合格でも、合格したほうの試験は翌年からは免除となるため、
次回試験に挑む際は、不合格だったほうの試験だけを受けることができます。
免除に関してのその他の例もあるので、全国ハウスクリーニング協会の
技能検定> 受検案内の項目で確認してみてください。

受験料

受験料は銀行振り込みによる納付手続きとなります。
受験申請フォームを送信する際に納付している事が必須のため、受験することが決まり次第振込をしておくといいかもしれません。

学科試験…8,900円
実技試験…29,900円

試験内容

試験内容は、実技試験と学科試験があります。
7つの課題を規定の時間内に行うことが合格の条件となってます。
右に書かれている分数は難易度の項目にあった通常時間を記載してます。

実技試験
レンジフード洗浄 25分
ダイニングチェア (ウール素材)クリーニング 10分
ステンレスの油汚れ落とし 10分
五徳の汚れ落とし  10分
ビニルクロスの汚れ落とし 8分
磁器タイルの汚れ落とし 8分
フローリング床のキズ補修  10分

実技試験に関しては、
全ての課題で60%以上の配点を得れば、実技試験は合格です。
1つでも失格になった場合、検定は不合格となります。

作業服(上・下)、作業靴、使い捨てでない作業用ゴム手袋、白色ウェスタオル7枚が実技を受けるうえで必須になるので、忘れずに持っていくようにしましょう。

学科試験
五肢択一のマークシート方式

学科試験は、ハウスクリーニング従業員用の研修用テキストを中心に出題され基礎知識となることが中心に出題されます。
問題数は50問で、60%の得点を取れば学科試験は合格です。

ハウスクリーニング技能士になることのメリット

ハウスクリーニングの開業自体は、この資格がなくても開業できます。
ただ、ご存知の通り日本人は肩書に弱いです。
資格を持っている人と持っていない人がいたときに、顧客がつきやすいのは持っている人。

ハウスクリーニング技能士になると、「ハウスクリーニング技能士在籍認定証」というものがもらえます。
ハウスクリーニングとして、生計を立てていくのならば
集客材料の一つとして、ハウスクリーニング技能士の資格を取っておくのはとても有効な手と言えるでしょう。

また、技能士限定対象にした研修会にも参加できます。
研修会ではハウスクリーニングの学科の講義や実技講習が受けられるほか、交流会や名刺交換会もあります。
技術をさらに深めたり、同業者との交流を深め今後の経営戦略の材料としても有効活用できること間違いなしです。

まとめ

昨今はハウスクリーニングもSNSなどの口コミの影響を受けたり、マッチングサイトでも1回の悪い評価により受注に影響が出る事もあります。

しかし資格は口コミとは違い、一定の「信頼感」を与える事ができます。
資格は厳選な審査のもと得られた誰にも操作されず、買い取ることもできない揺るがぬ実証です。

ハウスクリーニング技能士の資格を取る事で、質の良いハウスクリーニング職人であるということをアピールすることができますので、資格取得を目指してみては如何でしょうか。