ハウスクリーニング業で独立開業する場合、個人事業主として開業するほかにフランチャイズに加盟するという方法があります。
今回はフランチャイズに加盟するメリット・デメリットについてご紹介します。

フランチャイズのメリット

ハウスクリーニング業界はフランチャイズで開業する方も多くいらっしゃいます。
フランチャイズで開業するメリットはどのようなものがあるでしょうか。

1.未経験でも可能!参入しやすさ

ハウスクリーニング業を始めるにあたって、まずはハウスクリーニングの知識や技術がなくてはなりません。
経営に関しても経験がなくてはならず、広告・仕入れ・接客など学ばなければならないことが多くあります。
しかし、フランチャイズに加盟し、開業すればフランチャイザーから広告・仕入れ・接客などについて学ぶことができるなどのサポートがあります。
サポート内容や期間はさまざまですが以下のようなサポートが受けられる場合があります。

  • 開業前の研修(知識や掃除技術、サービス方法など)
  • フランチャイザースタッフ同行による営業や技術などの実務のサポート
  • 定期的な研修
  • 備品調達のサポート
  • 顧客紹介

このような点で、未経験でも開業が可能ということです。
ハウスクリーニングの知識や経験に不安がある場合にはフランチャイズが適しているといえるでしょう。

2.開業資金・コスト

開業するには資金がなくてはなりません。
銀行から融資を受けることになる場合がほとんどかと思いますが、個人での独立の場合、実績がないため融資を受けられないということがあります。
一方で、フランチャイズは加盟店の実績があるので「実績がなく融資を受けられない」ということを避けることができます。

コスト面でもフランチャイズで開業したほうが抑えられる傾向にあります。
フランチャイザーが備品などの仕入れ先をメーカーと提携していたり、まとめて仕入れている場合があり、仕入れのコストが抑えられるでしょう。

3.ブランド・ネームバリュー

これが一番のメリットといっても過言ではありません。
参入しやすいハウスクリーニング業の開業で最も苦労するのが集客ではないでしょうか。
どんなに技術があったとしてもお客様に「知って」利用していただかなければ事業を継続することができません。

フランチャイズの場合、すでにブランド力・ネームバリューがあります。
お客様が「知って」いるということは信頼感が増し、利用していただくことに繋がります。
また、宣伝活動はフランチャイザーの仕事であるため、宣伝・広告費用が抑えられるという点もメリットといえるでしょう。

フランチャイズのデメリット

参入しやすさや資金・コスト面、ブランド・ネームバリューでのメリットがあるフランチャイズですがデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

1.ロイヤリティ

ロイヤリティとはフランチャイザーの名前を使い、経営できる権利に対して支払う使用料のことをいいます。

フランチャイズによってさまざまな設定のロイヤリティがありますが、毎月支払わなければなりません。
個人で開業する場合はすべての売り上げを報酬として得ることができるため「ロイヤリティを支払わなければならない」ということはデメリットとなります。

2.ブランドのイメージダウン

ブランドのイメージは良いイメージも悪いイメージも影響します。
一つの店舗のイメージが加盟店全体に与えるため、他の一つの加盟店で不祥事があった場合、加盟店全体に悪いイメージがついてしまうことになります。

3.様々な制限

フランチャイズ加盟店はフランチャイザーの方針に従う必要があります。
運営方法や仕入れ先、取り扱う商品やサービスなどを制限されています。自分のオリジナリティが出せないということです。

  • 独自の経営ができない
  • 自分のアイディアを自由に取り入れることが難しい
  • フランチャイザーの運営システムに合わせなければならない

このような制限があるということをしっかりと認識する必要があります。
また、多くのフランチャイズでは「競合避止義務」というものがあります。これはフランチャイズ加盟店で得た技術や知識、ノウハウをほかで使うことを禁止するものです。
ということはフランチャイズ加盟店としての契約終了後は同じ業種での営業ができないということです。

まとめ

今回はフランチャイズに加盟するメリット・デメリットについてご紹介しました。
フランチャイズに加盟したからといって100%成功するという確約はありません。しかし、システムをしっかり活用することができればメリットは十分にあります。

  • フランチャイザーの方針をしっかり理解すること
  • フランチャイザーときちんと信頼関係を築くことができるか
  • 費用やロイヤリティを比較する

フランチャイズを検討する際には、これらをしっかりと確認する必要があります。
メリット・デメリットをしっかりと把握した上で、どのような形で開業するか検討することが大切でしょう。